バイクのフェンダー塗装でカスタム

フロントフェンダー

バイクのフェンダー塗装は、自分の愛車を自分好みのカラーやデザインにカスタマイズできるのでバイク好きにはオススメです。あとは傷の修理ができたり、日差しなどによる劣化補修もできます。フェンダー塗装は、ある程度の知識、道具があれば自分で行うことができます。自分で塗装できれば、愛車への愛情が今よりもっともっと湧いてきます。あとは色や柄の流行りや好みの移り変わりなどもあるので、好きな時に自由に自分の好みに変えることができます。

青いバイク

バイクのフェンダー塗装は業者にお願いすることも可能です。
プロの完璧な仕上がりにしたい、難しくて自分で塗装する自信がないなどの場合は、業者に依頼します。しかし、自分で塗装するのに比べてお金、時間がかかります。また、思っていたのと違ったり失敗などを防ぐためには自分が希望する理想の仕上がりを業者にしっかり細かく伝えておくことが大変重要です。

自分で塗装する場合は自分好みののフェンダー塗装を確実に行うためにも、必要な道具や塗料をしっかりと調べて、選んでそろえることから始めます。また、急いで作業をすると失敗につながります。焦らず丁寧に作業すれば失敗も減り、綺麗に自分で塗装することもできるようになります。

自分でフェンダー塗装をすることができれば、また違う場合のパーツなど違うものへの塗装にもある程度応用ができますので、いろいろな塗装を楽しみながら挑戦してみると塗装のスキルアップに繋がります。

カッコいいメタブルーハーレー

アイドリングが不安定になる原因や調整する方法

カッコイイ黒いバイク

愛用のバイクのアイドリングが不安定な状態になると故障を疑いがちですが、原因を正しく理解していれば過剰に慌てることはありません。アイドリングが不安定になってしまう原因は様々なので、それぞれの原因ごとに適切な対処を行えば状態の改善を図ることができます。
もっとも多いとされている原因はエアクリーナーの汚れです。汚れが溜まることで正常に作動しなくなり、アイドリングを不安定にさせます。エアクリーナーの清掃を行うか、著しく劣化しているなら新品に交換することで状態の改善に繋がります。
エンジン内部に汚れが溜まるのもアイドリングの不安定化を引き起こします。燃料タンク内のガソリンが劣化するのも原因の一つなので注意が必要です。

バイクのアイドリングが不安定になった場合、原因を特定したうえで適切な対処を行えばそれ以上悪化することはありません。しかし、アイドリングを正しく調整しないと車体全体が傷んでしまうのも事実です。

アイドリングの調整についてはエアスクリューのネジを回して回転数を変えるのが手軽な方法です。しかし、車体の状態によって最適なアイドリングの定義が異なる他、車種によっては自動制御になっています。そのため、自分でアイドリングを調整することが不可能というケースも珍しくありません。
安易な素人作業は却って愛車の状態を悪くする結果になってしまいます。安全にアイドリング調整を行うなら専門業者に任せるのが賢明でしょう。

バイクを長く乗り続けるには定期的なメンテナンスが不可欠ですが、そのためには常に愛車の状態を正しく把握する必要があります。アイドリングについても同様であり、日頃から音や振動を意識することを忘れてはいけません。

広い爽快な道